差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
home:recovery:start [2011/08/01 23:57]
yuki 削除
home:recovery:start [2011/09/05 23:09] (現在)
yuki 作成
ライン 1: ライン 1:
 ====== 復旧手順 ====== ====== 復旧手順 ======
-想定される障害に対する復旧手順、または取得すべき情報の回収手順を記載しておきたいよね。 
  
-===== ハドウェア障害 ===== +  * ストレジサーバ 
- +    * HDD故障 
-  ​* HDD故障した場合 +      SATAの時 
-  Memory(non-ECC)が故障した場合 +      <​code>#​ atacontrol detach ata2 
-  Memory(ECC)が故障した場合 +# atacontrol attach ata2 
- +# zpool replace pool ad4 
-===== ソフトウェア障害 ===== +</​code>​ 
- +      SCSI/​SASの時 
-  バージョンアップによってサービスが立ち上がらなくなった場合 +      * <​code>#​ camcontrol reject 0:1:0 
- +# camcontrol rescan all 
-===== オペレーション障害 ===== +# zpool replace pool da1 
- +</​code>​ 
-  * 誤ってファイルを消去した場合 +    * LDAP BDB破損 
-    * ZFSによるsnapshotを取得している場合 +  * その他サーバ 
-    * ファイルックアップが存在する場合+    * ZFS上のiSCSIで動作しているので、基本的には気づいたらWebサー停止後にzfs rollbackするだけ
  
home/recovery/start.txt · 最終更新: 2011/09/05 23:09 by yuki
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0