Link Aggregation

LAG(Link AGgreration)の設定について記述する。

ここでは特に、LACPを使用することを前提に設定する。

構成

OpenIndiana Procurve 1810G-24
e1000g0 - Port 10
e1000g1 - Port 12
  • Procurve側の設定は既に完了しているものとする。

設定

# dladm create-aggr -d e1000g0 -d e1000g1
# dladm modify-aggr -L active aggr1
  • 恐らくaggr1生成時点では、LACPはoffになっているので、モードをLACP Activeにする。
  • インタフェース作成後は、普段同様にIPの設定を行う。

確認

root@yuyuko:~# dladm show-aggr -x
LINK        PORT           SPEED DUPLEX   STATE     ADDRESS            PORTSTATE
aggr1       --             1000Mb full    up        0:19:99:ae:64:39   --
            e1000g1        1000Mb full    up        0:19:99:ae:64:39   attached
            e1000g0        1000Mb full    up        0:19:99:b2:b0:4f   attached
root@yuyuko:~# dladm show-aggr -P
LINK            POLICY   ADDRPOLICY           LACPACTIVITY  LACPTIMER   FLAGS
aggr1           L4       auto                 active        short       -----
root@yuyuko:~# dladm show-aggr -L
LINK        PORT         AGGREGATABLE SYNC COLL DIST DEFAULTED EXPIRED
aggr1       e1000g1      yes          yes  yes  yes  no        no
--          e1000g0      yes          yes  yes  yes  no        no
os/oi/lagg/start.txt · 最終更新: 2012/01/05 00:55 by yuki
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0